ゴルフにふさわしい服装とは?ユニクロでもOK?

PR
  

今回は、「ゴルフにふさわしい服装」について書きたいと思います。

 

テレビなどでゴルフ中継などを見ていると、10人いれば10人が

色々なデザインのウエアを着ていますよね?

 

何も知らずに見ていると

 

「何を着てもいいのでは?」

 

と思ってもしかたのないくらいですよね。

 

しかし、「紳士のスポーツ」とも言われるゴルフです。

服装にはしっかりと決まりがあります。

 

着てはいけないもというのがあるんです(^_^;)

 

とは言ってもポイントを抑えれば難しくないので安心してください!

それでは本題に入りましょう!

 

スポンサーリンク

ゴルフでラフな格好がいけない理由は?

ゴルフはすでにゴルフ場に着く前から始まっています!

そして家に帰るまでがゴルフです(笑)

 

と言うのは少し大げさですが、ゴルフはプレー中ももちろんですが、

プレー前のゴルフ場への行き帰りの服装にも配慮が必要です!

 

ゴルフは歴史や伝統を重んじていて、どんなスポーツよりも身だしなみや

マナーにうるさいスポーツです。

 

今でこそ、幅広い年代に親しまれていますが過去には「限られた人たち」

が楽しむというイメージが強く、実際にそうでした。

 

かつて多くのゴルフ場は「会員制」がメインで誰でも予約すればプレーできる

というものではなかったのです。

 

今でも「名門」と呼ばれるコースは会員でないとプレーできないところが

たくさんあります。

 

会員制が主流だった頃は、会員一人一人がプライドや意識を高く持って

ゴルフを楽しんでいました。

 

golfer-914881-m copy

 

今でも会員制は残っていますが、一般に誰でもプレーできる様にゴルフ場は

開放され、以前ほど強い制約やしきたりがなくなりました。(怖がらなくても大丈夫ですよ!)

 

その反面、服装の乱れやプレー中のマナーの悪さが目立ってきているという

現実もあります。

 

ゴルフという競技、そしてゴルフ場にはそういった歴史や伝統がありますので

「品格が問われる」とまでは言いませんが、ゴルフ場にふさわしい服装で

出向いて下さい(^^)

 

決して高い洋服を着ろということではありません!

 

野球選手がジャージで試合しないのと同じです。

TPOを考えた、その場にあった服装をすればいいだけです。

 

覚えてしまえばなんということはありません(^^)

 

ゴルフにふさわしい服装・ダメな服装

ゴルフ場の行き帰り

・基本はジャケットスタイルで。

ゴルフ場に行く際は、襟付きのシャツとジャケットの組み合わせが基本です。

シャツに関してはズボンにインしましょう。

 

ジャケット

 

また、ズボンもジーパンはNGです。スラックスやチノパンで行きましょう。

シューズは、スニーカーやサンダル履きはNGです。

 

とは言っても本格的なビジネスシューズが絶対というわけでもありません。

 

難しいところですが、ランニングシューズのようなものではなく

できれば革製のウォーキングシューズのような「ビジネスカジュアル系」

の靴がいいですね。

 

ジャケットスタイルに違和感がないかがポイントです。

 

ゴルフ場専用で用意するのではなく、普段からキレイ目の格好をする時に

履けるような靴がオススメです(^^)

 

「カジュアルシューズ」で検索してみれば「ああ!こんなやつね!」って

わかると思いますよ!

 

女性の場合もこれに準じた感じですが、スカートがダメということはありません(^^)

靴もサンダルはNGですが、パンプスなどでも大丈夫です。

 

イメージ的にはそのまま会社に行っても違和感のない服装というのがひとつの基準です。

 
ゴルフウエアで言ってはいけないのか?
実は、ゴルフウエアですぐプレーできる状態でゴルフ場に来る人が

結構います。

 

基本は、ゴルフウエアにはロッカールームで着替えるというのが基本

ですが、最近は特に問題ないようです。

 

しかし、ゴルフ場によってはドレスコードが厳しいところもあるので

基本のスタイルで行くのが無難です(^_^;)

 

ゴルフウエアで行ってしまいたいという場合は、行ったことのある

人に聞くか、ゴルフ場に直接問い合わせてみるのがいいですね(^^)

 

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

 

プレー中の服装

さて、プレー中の服装ですがコチラも難点か注意点があります。

 
・シャツは襟付き、もしくはハイネックなどを着用しよう。
シャツは、ポロシャツなどの襟付きのシャツが基本です。

 

ゴルフウェアとして売られているものもかなりおしゃれだったり

スポーティーです。

 

また冬などはハイネックなどになっている襟の高いものであればOKです。

T−シャツやタンクトップなどは論外ですよ〜(^_^;)

 
・シャツはズボンにインしましょう。
これも基本はインです。

 

ゴルフウェアのデザインとして丈の短いモデルなどの場合は絶対に

とまでは言われません。

 

女性用のウエアだと入れないタイプも結構あります。

 

プロゴルファーの写真などを参考にするといいでしょう。

男子プロは100%シャツをインしています(^^)

 

一つの基準は「だらしなくないこと」です。

 
・帽子、サンバイザーは危険防止の意味もあるので必ず着用しよう。
夏は日よけ、冬は防寒にも役立ちます。

冬場はニット帽などもほとんどのところでOKです。

 
・ズボンはジーパンやホットパンツ等はNGです。
ゴルフ場に履いてきてはいけないものは、もちろんコースでも

履けません(^_^;)

 
・シューズはもちろんゴルフシューズを履こう。
裏がプラスチックやゴム製のスパイクになっているものであればOKです。

ゴルフ用品店で買えばまず問題ありません。

 

まれに裏が金属のスパイクになっているものもあります。

金属スパイクはゴルフ場によっては禁止のところもありますので

注意してくださいね。

 
・短パン(ひざ上位のカジュアルなもの)はOKだが、ハイソックスを着用しよう。
アンクルソックスやショートソックスはNGですよ〜(^_^;)

 
・首にタオルを掛けてプレーするのはNGです!
だらしないですよね・・・

 




 

まとめ

今回のタイトルにもあるので気づいている方も多いと思いますが、

ゴルフ場へ行く服装も、プレーする服装も機能性やデザインに

こだわらなければすべてユニクロでも揃えることができます(^O^)

 

専用のゴルフウエアはデザインはもちろん機能性にも優れていて

来ていて損はありませんが、最初からガチガチにゴルフウエアで

固める必要はありませんよ!

 

最初から必要以上にお金をかける必要はありません(^^)

まずは、場に応じた服装を心がけましょう。

 

ウエアはゴルフが好きになると自然と揃ってきますから大丈夫です(笑)

 

それでは今回は以上です。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ