ミスショットは当たり前。自分を攻めると余計におかしくなります。

PR
  

ゴルフは「ミスのスポーツ」と言われるほど大なり小なり

ミスが起きるものです。

 

OBやダフリ、トップなど見てわかるものから、ほんのちょっとした

些細なものまでミスは様々。

 

この「ミスを1つでもいいからいかに減らすか」がゴルフのスコアアップには

欠かせないものです。プロでさえ1ラウンドに数度のミスに見まわれそれが勝敗を

大きくわけます。

 

悩み

 

ミスが怖いのはその1回に限らずその後まであとを引いてしまう

ということが少なからずあるという点です。

 

メンタルの強いプロでさえたった一つのミスから

大崩れすることもありますからね(^_^;)

 

それでは、我々アマチュアはどのような心構えでプレーに

望めばいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ミスは当たり前。下手な人ほど自分に厳しい?

正直な所、アマチュアゴルファーにとってはミスは当たり前です。

「プロでもミスをする」という点を考えれば当然といえば当然ですね(^_^;)

しかし、なぜかこのミスに厳しい人が多い気がします。

 

ラウンド中にミスをすると・・・

 

「バカ!」とか「な〜にをやってんだか!!」

「いつまでたってもうまくならないな!畜生!!」

 

などといって自分をやたらと責め立てる人が多くいます。

 

ヘタしたら、「今日は練習ラウンドだ」とか、「遊び!遊び!」

などと言ってサジを投げてしまう人もいますからね(^_^;)

 

もしかしたらあなたもそうでしょうか??

何をそんなにカリカリしてしまうのでしょうか?

 

怒り

 

ラウンド中にミスしたことについて技術的な追求をすることは

必要です。

 

練習場では体験できないような条件からのショットは当然ミスをしたり

しますから意識的に経験値を積み上げられるのでラウンド中の

気付きほど上達させてくれることはありません。

 

しかし、「心理的に自分を責める」ということはマイナスにしか

なりません。

 

ラウンド中に自分を責める人に限って練習場では何も考えていなかったり、

いい打球がうてたことだけただ喜んでいるものです。

 

もし自分を責めるんであれば練習場で行うべきなんです。

 

1打1打を本番さながらにピリピリとして練習すればそれは上達しますよ。

 

練習で厳しく、コースで甘く。

ゴルフコースではミスは当たり前と思いましょう。

練習場のまっ平らな完璧とも言えるライからミスをするんです。

コースははっきり行って完璧なライなどありません。

コースのほうが1段も2段も難しいんです。

 

ゴルフ場

 

練習場でミスをしているのだから、コースでミスをして当たり前。

コースでは自分をいかに褒め、いかに慰めるかが18ホールを良い

精神状態で回り切るコツです。

 

どんどん「まぁ、しょうがない♪」とか「ラッキー♪結果オーライだ。」

などと自分を落ち込ませない心のケアに努めましょう。

 

スライスして林に突っ込んだって木にあたってフェアウェイに

出てくればなんにも気にすることはありません。

 

気にしないで喜んでボールのところに向かうも良し、

ミスの原因を追求して「なるほど!」と納得したり

「次はここに気をつけてみよう!」と向上心を全面に

出すも良しです。

 

仮に結果が残念であっても同じことです。

 

「トラブルショットの練習ができるぞ!」

くらいの気持ちで行きましょう。実際、トラブルショットは

トラブルにならないと体験できませんからね。

 

ちなみに、プロゴルファーでまれにクラブに当たる人がいますが

それはプロの技術あってのこと。

 

ゴルフクラブ

 

モノのせいにしたりすることは考えようによっては

 

「自分の責任として自分を責めない」

 

という点ではアリかも知れませんが、アマチュアにはクラブのせい

にするような技術がそもそもありませんから。

 

道具は大切にしましょう。

シャフトが曲がってしまったら取り返しがつきませんからね(笑)

 

間違っても同伴者のせいにしてキレてはいけませんよ(^_^;)

 

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ