短いパットを入れるコツ!短い時こそ強く打つ!

PR
  

これを入れればパー!!

これを入れればボギー!!

しかも残りは50cm!

 

もらったも同然ですよねぇ(^^)

もう次のホールのことを考えてしまったりして

楽勝ムード(^^)!

 

でも、そんな時に限ってラインがスライス・フックして

しまって「まさかのミスパット!!」なんてことも案外

多かったりしませんか?

 

カップの手前で左右に切れてしまったのは「ラインを読めなかったから?」

でしょうか?

 

多くの場合はそうとも言い切れません。

むしろメンタルの部分が大きいのです(^_^;)

 

スポンサーリンク

ラッキーが来たら普通の心理状態ではいられない!

簡単なパットより5m、10mと距離があるパットのほうが

思いがけずはいってしまうことがあります。

 

これは、「入らなくて当然」と思って気楽に打てて

いるからということがアマチュアの場合には言えます。

 

プロは常に狙っていますけどね(^_^;)

 

これは、初心者やアベレージのゴルファーにとって

50cmでパーやボギーが手に入るという状況がそうそう

あるものではないからということに原因があります。

 

カップとパター

 

「もらった!」と思い込んでついミスパットしてしまう

ということではなくて、

 

「大事にいきすぎてしまう」ということです。

 

まるで生卵を扱うかのように恐る恐る打ってしまい

ボールに勢いが無いためにちょっとしたラインに左右

されてしまうのです。

 

ボールに力がなければないほどラインの変化の

影響を受けやすくなってしまいます。

 

「50cmだから強く打ち過ぎたらダメだ!」とか

「外したら痛い!!」と過剰に意識してしまっている

んです(^_^;)

 

「プレッシャーがかかっている」ということですね。

これは、最初のウチはどうしてもおきてしまうしかたのないことです。

 

人によっては1m、2mあったほうが入る確率が高いという人も

いるくらいです。

 

では、これを克服するためには経験を積んで慣れるしかないのでしょうか?

 

どうせ外すなら「しっかり打つ!」というおまじない。

もし「外れる」という結果だったとしたら、

 

「ビビって恐る恐るパットする」

ことと

「強くしっかり打ってカップをオーバーする」

 

ことではどちらが悔いが残らないと思いますか?

 

どっちみち外れてしまうということが前提です。

しっかり打って外した方がスッキリしませんか?

 

恐る恐る打ったほうが

 

「あーあ・・・やっぱりもう少し強く打っておけば・・・」

 

と後悔してしまうのではないでしょうか?

 

カップとボール

 

特にパーのチャンス、はたまたバーディーチャンスにつけられた

場合は「オーバーするくらいに強く打つ」と思ったほうがいいんです。

 

そもそもパーやバーディーは初心者やアベレージゴルファーに

とっては事故のようなものです(^_^;)

 

パーを外してもボギー、バーディーを外してもパー

 

どちらも100を切る切らないというレベルのプレーヤ

にとっては上等な結果です!

 

千載一遇のチャンスにプロのように急に「バーディーを取らなければいけない」

「パーを死守しないといけない」と考えてはいけません。

 

100を切りたい人が死守するべきものは「ボギー」なのですから!

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ