ゴルフは飛ばそうとすることが失敗の原因。飛ばす必要はない。

PR
  

ゴルフの魅力は何ですか?

 

広いゴルフ場で、はたまた練習場でスカッと目も覚めるような

飛距離十分のボールを打つことでしょうか?

 

それも魅力の一つですよね(^^)

 

男性ゴルファー

 

でも、そればっかりに気を取られるとスコアアップを

するチャンスから遠ざかってしまうかもしれません(^_^;)

 

こちらのブログを何記事か読んで頂いた方は

「また?」と思うかもせれませんね(笑)

 

でもそれくらい大事であり、簡単にスコアアップに

つなげられることなんです(^_^;)

 

スポンサーリンク

飛ばそうとすることでいくらでもミスが生まれる。

ゴルフは理論がとても重要であるスポーツだということを

何度も私は書かせて頂いています。

 

なぜなら、理論にそった合理的でムダのないスイングをしないと

ボールはしっかりと飛んでくれないからです。

 

あなたが無理の無いスイングで多少曲がったりするしないはあるにせよ

ドライバーで200ヤード打てるとします。

 

ラウンド中に迎えたとあるパー5で500ヤードの距離がありました。

 

「200ヤードなんとか打てるんだから頑張れば230ヤード位飛んでくれるだろう」

 

なんて淡い期待を抱いて痛い目を見たことありませんか?

「もう少し身体をひねれば飛ぶだろう」と考えるんじゃないですかね(^^)?

それは甘い考えです!!!

 

そもそもその200ヤードなりの距離を何とか打てるようになるまでにどれくらい

練習しましたか?

 

その場で身体の捻転量を増やそうとすることはスイング全体のバランスを

絶対的に壊します。

 

IMG_2266

 

腰をもっとひねろうとして右膝が伸びたり、オーバースイングになって

身体が伸び上がって大スライスや盛大なチョロを打つのがオチです。

 

普段身体がやったことのない動きをすることは危険すぎるんです。

 

それを一番苦労したはずのドライバーやフェアウェイウッドでやろうとしてしまう

のが人間の怖いところです。

 

「もっと飛ばしたいな」という欲に負けてしまうことがスコアアップできない

原因になっている人も少なからずいるはずです(^_^;)!

 

「無理なことをするから失敗する」

「出来ないことはしない」

「打ったことのないクラブを使わない」

 

これがスコアを確実にアップさせるための最も簡単な方法です。

 

ゴルフはメンタルのスポーツと言われますが、これは何も

「緊張」との戦いだけを指すことではないと思います。

 

メンタル=「飛ばしたいという欲」「もしかしたらできるかもという願望」

でもあります。

 

難しいメンタル論を考えたり、あのスイング理論はどうだ、このスイング理論はどうだと

言ったりする前に、自分の甘い考えに打ち勝って自分の出来る範囲でのベストな選択

していくということは上手い下手関係なく重要な事ですよ(^^)


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ