ゴルフ場での朝の練習の間違い。朝の練習の意味を理解しよう。

PR
  

ゴルフ場に行くと、たいていの所に練習スペースが打ちっ放し

ほどの規模まではないにしろ大なり小なりあります。

 

ラウンドに言ったことがある方なら利用したことが

あることが多いのではないでしょうか(^^)?

 

クラブとボール

 

ですが、そこの使い方にもコツが有りますよ(^^)

 

やはり、やってはいけないことやるべきこと

あります。

スポンサーリンク

ゴルフ場の練習場は本当に練習するところではない。

ゴルフの練習場では「練習」をしてはいけません。

意味わかりますか?

 

つまり、スイングを治そうとしたりという「上達しよう」などと

考えてやるものではないのです。

 

ゴルフ場での朝の練習の目的は

 

「ウォーミングアップ」「今日の球筋の確認」です。

 

「ウォーミングアップ」は当然ながら朝一ですから身体を起こして

スムーズにスイングする感覚を思い出すためにはできるだけ

やっておいた方がイイですよね(^^)

 

男性ゴルファー

 

そして「球筋の確認」例えスライス気味であろうが、フック気味で

あろうが、その場で何とかしようとしないことです。

 

まだ時間があるからと言ってあれこれ考えて取り組んだ所で

スイングがますますおかしくなるばかりです。

 

ラウンド直前に「うわスライスしてるどうしよう!!」

思った時点であなたは焦っています。焦っているのですから

冷静に短時間にスイングを治すような事は出来ません。

 

アイアンはそれなりで、ドライバーがダメというパターンがおそらく

多いのではないかと思います。

 

特に初心者の方。

その原因は手打ちになっているからです。

 

手打ちをその場で治せるのならそもそも手打ちになりません(^_^;)

 

それを仮にドライバーに合わせてドライバーが良くなったとしても

今度はアイアンがダメになったり最悪の場合はどっちもダメになって

ラウンドでは目も当てられないということにもなりかねませんよ(^_^;)

 

潔く諦めるのも技術の一つです!

 

今日の球筋を確認して、スライスしているのなら目標の取り方を

変えればいいのですし、実践で使えないと思ったらそのクラブを使うのを

避けるという判断が出来れば、ラウンド前に練習場に言った意味がある

といえるでしょう。

 

ゴルフは疲れるスポーツです。

また、調子がいいからといって打ち過ぎるのも問題です。

ゴルフは飛んだり走ったりこそしませんが、スイング中は足腰を使いますし、

ラウンド中に歩く距離はコースの全長から考えても6〜7km位はあるでしょう。

 

 

初心者でボールがまっすぐ飛んでくれない状態であればもっとたくさんの

距離を歩いたり小走りしたりします。

 

カート

 

カートにもなかなか乗れません(^_^;)

ひたすら自力で歩き続けるなんてことを私も経験しました(汗)

 

そうすると、最初は良くてもラウンドの後半になって

知らず知らずのうちにバテてしまってプレーに影響が

出ることもあります。

 

最後の3〜4ホールでスコアが崩れる人がいるのはそのためです。

 

体調管理もゴルフのうちです。

朝のオーバーワークで後半バテてしまってはもったいないですよね??


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ