ミスショットは「なぜか」を考えれば上達のヒントになる。

PR
  

練習場でもコースでもミスショットはアマチュアなら

必ず出ると行ってもいいものです。

 

そんな時どう受け止めるか?これがとても

大切です。

 

「あちゃ〜!!次々!」

 

これは一見ポジティブに見えていいように思えますが

いいことではありません。

 

ミスを引きずらないという点では正解ですが、そのミスを

次に活かすことが出来ません。

 

「失敗は成功のもと」にしないといけません。

 

「失敗は失敗で終了」ではせっかくの気付きのチャンスを

みすみす逃す事になってしまう事があります。

 

ミスには大きなヒントが隠されていることがあるのですから。

 

スポンサーリンク

ミスが出たらその場で理由を探れ!!

ゴルフ場でも練習場でもミスの原因はその場で追求するべきです。

(ゴルフ場ではスロープレーにならないように注意は必要ですよ!)

 

「特に練習場で」です。

 

練習場

 

練習場ではボールを何発打とうがスコアがないので関係ありませんよね?

ミスショットが出たらそそくさと次のボールをセットして打つ・・・

これをやっていると100球でも200球でも打てます。

 

そうではなくミスをしたら何度も繰り返し確認するべきです。

そして、確認するためには常に自分のスイングの感覚を意識して

打つということが必要になります。

 

何も考えないでただ打っていてはどこが悪かったのか探せませんからね(^_^;)

練習場ではそれだけ一球に神経を使うべきです。

 

そうすれば100球打つのにもかなりつかれるはずです。

 

そもそも、ラウンドで100を切るということは100球打ってはいけないわけですから

練習場でも100を打たないくらいの真剣さで取り組まないといけないんです!

 

練習場でこの感覚を養っておけばコースで急に思いがけないようなミスが

出てしまった時もパニックにならずに対処できます。

 

ゴルフ場

 

いつも自分のスイングを気にして打っているとスイングがおかしい時には

 

「アッ!」って感じる時があります。

「ヤバイ、右肩下がってるからスライスする!」みたいな感じです。

 

結果スライスになった場合、事前に分かっていたことなのでミスでは

ありますが「意味のあるミス」になります。

 

特にラウンド中にミスの原因に気がつくことができるといきなり

ショットが安定したりします。

 

ゴルフ場

 

コースはかなりの緊張感をもってプレーしているのでラウンド中の

気づきは練習中の気付きよりもはるかに自分を上達させてくれます。

 

プロも同じことをしています。

 

ゴルフの中継でプロの選手がショットした後に首をかしげながら

何度か素振りしているのを見たことがありませんか?

 

それは、自分の思い通りの打球が飛ばなかったりして

「なぜか?」を確認しているんです。

 

テレビで見ていると「どこにボールが飛んだか」とか「何ヤード飛んだのか」

などが気になると思いますが本当に見ておくべきものは、

 

プロゴルファーの何気ない行動や習慣です。

 

プロゴルファーは試合中にゴルフと意味のない行動をしません。

 

わずかに映るプレー前後のシーンにゴルフに対する考え方や

上達のヒントを学ぶチャンスが隠れています(^^)!

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ