ゴルフの素振りはキチンとテーマを持たないと無意味!

PR
  

あなたは素振りしていますか?

 

毎日してる?

傘を持つとついアドレスを取ってしまう??

 

とても素晴らしいことですよ(^^)

 

傘

 

ゴルフは理論に基づいたスイングを身体に染み込ませないと

行けませんから、素振りやイメージトレーニングはとても大切です。

 

素振りはクラブを持って行うことはもちろん、クラブがなくても

シャドースイングが出来ますからね!!!

 

ですが!

 

た〜だ、気持よくブンブン振っているだけでは上手くは

なりませんよ!!

 

最悪下手になってしまいます!!

 

スポンサーリンク

ゴルフの素振りは本気でやる!!

素振りはすべてショットの予行演習

素振りは先程も言った通りとても大切な練習です。

その代わり、まじめにやらないと逆効果にもなります。

 

素振りをする時、スイングや弾道のイメージが頭の中に

あるのではないでしょうか?

もし無いのであれば次からイメージしてくださいね(^^)

 

このイメージはとても重要です。しっかり理想のイメージを

描き素振りすることは上達につながります。

 

イメージ

 

ですがイメージがあっても、本気でスイングの形を意識したり

しなければ身体は楽に適当にスイングしてしまいます。

 

イメージと、スイングがかけ離れたものでも身体が「これでいい!」

と覚えてしまえば間違ったスイングを身につけてしまうことになりかね

ません。

 

例え素振りといえども

 

アドレス→テークバック→トップ→インパクト→フィニッシュ

 

としっかり確認しながら時にスローに、時にストップモーションで

そして本番と同じように1回1回を大切に本気で行いましょう!

 

練習場でもコースでも本気で素振りする!!

素振りの意識は、練習場でもコースでも同じです。

 

例えばコースではボールを打つ前にかならず素振りを1回や2回するのでは

無いかと思います。

でも、アマチュアに多いのが「単なる準備運動」になっている人です。

 

腕だけで「ふん!ふん!」と適当に振って実際に打ちに行っていませんか?

 

スイング直前の素振りこそ要注意です。

 

ティーグラウンド

 

身体が直前の悪い動きを覚えてしまってミスを起こしかねませんよ(^_^;)!

ゴルフの中継を見たことがあるなら、プロの打つ前の素振りを思い出してみてください。

何か意味ありげなスイングに見えませんか?

 

プロの素振りには強いイメージと確認する意識を感じ取れる

のではないでしょうか?

 

まさに、ショットさながらの緊張感です。

 

何も考えずに振っているような顔つきのプロはいないはずです!

 

もし、記憶に無いというのであれば次にテレビなどでゴルフ中継を

見る機会があったら注意して見てみてください(^^)

 

プロゴルファーの素振りとショットはつながっています(^^)

 

これは我々アマチュアでもすぐに取り入れることができる

上級者の習慣です!

 

うまい人の良いところはどんどん真似していきましょう(^^)

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ