ヘッドアップを直しヘッド・ビハインド・ザ・ボールも実現する方法!

PR
  

スイング中にヘッドアップ(顔をインパクトの直前に目標方向にむけてしまうこと)

をすると、トップやスライスの原因になります。

 

ヘットアップは最初のうちは意識しないと絶対にしてしまいます。

 

ボールの行方が気になってしまいますからね(^_^;)

一つだけ言えることは

 

「どんなに見つめてもボールは真っ直ぐ飛んでくれない」

 

ということです。

 

正しくインパクトが終わって初めて真っ直ぐ飛んでくれます。

ボールを真っ直ぐ飛ばしたいのならボールの行方は気にしない

ことです。

 

スポンサーリンク

ヘッドアップのがトップやスライスの原因になる理由。

ヘッドアップしてしまうということは上体が少なからず

起き上がります。

 

それによってクラブが上がってしまい、ボールとクラブの位置が変わり

トップになります。

 

また、打球方向を見ると左肩も早く開いてしまうので振り遅れ状態

になりスライスしてしまうこともあります。

 

ヘッドアップを治すコツとは?

ヘットアップを治すコツは左目でボールの右半分を見ることです。

大げさに顔を少しだけ右にひねって左目をボールの真上に持ってくる

感じで最初はやってみるといいでしょう。

別に片目で打つ必要はありません!意識的に左目を主に使ってボールを見つめましょう!

 

ゴルフボール

 

そうするとわずかながら目標方向から顔が遠ざかりますよね?

そうすることで「見ない」という意識を自分に言い聞かせる

ことにもつながります。

 

そして、打つ瞬間にさらにあえて右に少し首をひねるというのも

効果的です。もちろん目線はボールに残したままです。

 

逆方向を向こうとすることでヘットアップを防ぎます。

 

これを実行すると思わぬ副産物が手にはいります。

 

それが「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール」です。

 

ヘッド・ビハインド・ザ・ボールとはテークバックからインパクトが

しっかりと終わるまで頭がボールのある位置より後ろ(もしくは右)に

ある状態のことです。

 

これが出来れば、状態が左につっこんでしまうこともないので

「左の壁」が出来てクラブのヘッドと頭が引っ張り合うような

形になります。

 

ヘッドビハインド・ザ・ボール

 

そうすることで遠心力も上手く働いてパワフルなスイングになり

飛距離アップも期待できます。

 

注意点としては、頭を残そうとするあまりに腰が左に流れ、右肩が

下がりってフェースが開いてしまってスライスが出てしまうことが

ありますので腰と右肩にも注意しましょう!

 

ヘッド・ビハインド・ザ・ボールできちんと振りきれる

ようになればヘッドアップもしなくなりますし、綺麗な

フィニッシュの形にもつながります。

 

これが出来ればカッコ良い「ゴルフが上手い人」のスイング

にぐんと近づきます(^^)!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ