ゴルフの正しいアドレスの取り方は?体重は拇指球にかける!

PR
  

アドレスでは体重を両足の拇指球にかけるようにします。

 

これはゴルフのレッスン書にも当然書いてあることなので

多くの人がかなり早い段階で知ることですよね?

 

「そんなのあたりまえのことだろう!」

 

とおもったあなた、自信をもって体重が

拇指球にかかっていると言えますか?

 

拇指球

 

実はアマチュアゴルファーはかかとに体重を

かけてしまいがちです。

 

毎回のチェックが甘いというのもそうなのですが

アドレスを取る順番を間違えている結果かかと体重

になってしまうということもあります。

 

スポンサーリンク

かかとに体重がかかることで起きる弊害とは?

まずはかかとに体重を乗せてしまうことで起きる

ミスについて(^_^;)

 

かかとに体重が乗ってしまうとテークバックの時に

身体の重心が後ろに行きやすくなってしまいます。

 

これによって身体が起き上がってしまい前傾角度が

崩れてしまいます。

 

さらには、身体が起き上がってしまったことで

身体が伸び上がってしまうということも起きや

すくなります。

 

前傾角度がアドレスの時と変わればクラブとボール

の距離が当然離れてしまいますよね?

 

そうすると、そのまま打てばトップしてしまいますし、

もし「あっ!」と思って調整しようとしてもダフるのが

オチです。

 

クラブとボール

 

身体の起き上がりを抑えるためにもアドレス時の体重の

かかり具合はマメにチェックしないといけないのです!

 

拇指球に体重を乗せる正しいアドレスの取り方をチェック!

では、拇指球にしっかりと体重をかけるためのアドレスを

するための順番をチェックしましょう!

 

チェックリスト

 

実は、気を付ける事は一つだけです!

 

それは、最初に膝を曲げてしまわないことです。

 

直立した状態で、膝を曲げてしまうと重心が自然と

お尻に移ってしまいます。それによって、体重が

かかとにかかってしまうのです。

 

いわゆる「へっぴり腰」状態ですね(^_^;)

 

正しい順序は、

 

①直立した状態から腰を折り上半身をクラブの

ヘッドが地面につくまで前傾させます。

 

②膝を曲げる。

 

この時膝を必要以上に曲げないように注意しましょう

正しい順番でアドレスをしても膝を曲げすぎると

台無しになってしまいます。

 

膝を曲げる量は、あくまでも少しだけです。

膝の張りつめた緊張感を少しだけ解く感じです。

 

「はぁ・・・」と脱力してしまっては膝は

折れすぎてしまいますので注意しましょう。

 

以上がアドレスを正しくするポイントです。

 

基本的に1スイングごとにしっかりと順番を

確認しながらアドレスをしましょう!

 

練習で毎回しっかりと順番を確認しながら

アドレスをしっかりする習慣をつければ、

実際にコースに出た時もきちんとできるように

なります(^^)

 

せっかくの練習ですから本番に役立つ練習をしましょう!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ