ゴルフスイングは左肘を曲げないとが肝心!振り子を考えてみよう!

PR
  

あなたはスイング中に自分の左肘がちゃんと伸びた

状態になっているか把握できていますか?

 

トップ

 

もし、あなたの打球にスライスが多いのであれば

左腕の肘が曲がっていることが原因かもしれませんよ?

 

スライスの原因は他にもありますが、まずは

簡単にチェックできる左肘を意識してみましょう。

 

左肘が曲がってしまっていることはスライスの他に

トップやダフリ、そして手打ちになりやすいという

デメリットもあります。

 

肘を曲げては良いことがありません。

今回はそれについてご紹介します(^^)

 

スポンサーリンク

ゴルフスイングは振り子のようなもの。

まず、あなたに感じてほしいことがあります。

ちょっと、良ければクラブを握らずにシャドースイングをして見てください。

 

ただ振るのではなく、2つの方法でトップからダウンスイングを

やってみてください。

 

一つは肘を伸ばした状態から。

もう一つは肘を曲げた状態から。

 

ポイントは、腕に力は入れないことと体の回転を

速くすることです。

 

どうでしょうか肘を伸ばした状態よりも、曲げた状態のほうが

腕が遅れて振れていると思いませんか?

 

これを振り子で考えてみたいと思います。

 

振り子は糸を張った状態で持ち上げて手を話すと

加速してしっかりと振り子の運動をしますよね?

 

一方、糸をたわませ他状態で持ち上げてしまうと

正しく振り子の運動はしませんよね?

 

振り子時計

 

これは、糸がたわむことで振り子の「支点」が

なくなってしまった状態になり遠心力が働かず

正しい運動が出来なくなるためです。

 

ゴルフのスイングも同様で左肘を曲げると

本来、肩と手首という2つの支点だけのはずが、

肘が折れることで支点が3つに増えてしまい、

クラブのヘッドに伝わる遠心力が減りスピードが

落ちて振り遅れるのです。

 

振り遅れるとフェースは開いたままになるので

そのまま当たれば当然右に飛び出してしまいます。

 

幸か不幸か人間は意外と敏感で、無意識に振り遅れを

察知して手で合わせに行こうともします。

 

これが手打ちの原因にもなります。

 

短いクラブはなんとかコントロールできても

長いクラブはコントロールに限界があります。

だから、ドライバーは手打ちでは打てないのです。

 

トップやダフリになる理由。

トップやダフリになる理由はとても簡単です。

あなたはアドレスをとった時に左肘を曲げていますか?

曲げていないと思います。

 

アドレス

 

もしアドレスの状態から左肘を曲げたらとうぜんクラブヘッドは

地面から浮いてしまいますもんね(^_^;)

 

これはスイング中でも同じことで、左肘を曲げるとクラブとボールの

距離が変わってしまいます。

 

左肘が曲がってしまったら「クラブとボールの距離をあわせる」

という余計なことをしないといけなくなりますよね?

 

それが、間に合わなければトップになり、

行き過ぎればダフってしまうのです。

 

ゴルフのスイングはムダを省いた合理的なものです。

 

余計なことをすると合理的ではなくなり失敗してしまう

のです(^_^;)

 

余計なことをしないことがゴルフ上達のコツです。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ