ゴルフのグリップをゆるく握る理由は?どのくらいゆるいの?

PR
  

ゴルフを初めてレッスン書などを眺めていると

 

「グリップはソフトにゆるく握りましょう!」

 

な〜んて書いてあるのを見たことがあるのではない

でしょうか?

 

ふんわり握る

 

ゴルフの理論の一つ一つには理由があるのですが

もちろんグリップをゆるく握ることにも理由があります。

 

「ボールを飛ばすのに力を入れないと飛ばないんじゃないか?」

など色々思うところがあるのではないでしょうか?

 

グリップは思っている以上に重要な事なので

理由をご説明します!

 

スポンサーリンク

グリップをゆるく握る理由はクラブの力を発揮させるため!

ストロンググリップについての記事でも書いた通り、

現代のクラブは「勝手にボールを打ってくれる」物です。

 

もちろん、正しい軌道で人間が振ってあげないといけませんが(^^)

 

クラブはフェースが開いて閉じるという動きを必ずしています。

「慣性モーメント」という力が働くためです。

 

ですが、力を入れて握ってしまうと手が余計なことをしてしまいます。

 

右にいくのが嫌だから必要以上にフェースを閉じてしまったり、

力んで握ってしまうことで本来動いてくれるはずのクラブのヘッドの

動きを止めてしまいフェースが開いたままあたってしまい右に飛んで

しまうなどということです。

 

きちんと振ってあげればクラブが勝手に仕事をしてくれるのに

邪魔をしてしまっているわけです。

 

グリップ

 

スイングする時に人間がすべきことは左手首をコックした状態を

キープして、左の腕を伸ばしたまま振ってあげることだけです。

 

あとは身体の前傾姿勢を保ったり、捻転することでクラブに遠心力

を与える準備をするだけです。

 

人間は軸になるべきであって、クラブを自分の思惑の方にコントロール

しようとすることはしてはいけないのです。

 

ゆるく握った状態で振り下ろして来るとヘッドが加速してくれて

「ヒュン!」と勢い良く振れます。

 

試しにハーフスイングでいいので出来るだけゆる〜く握って

振ってみてください。結構楽に「ヒュン!」と音がするくらい

振れませんか?

 

逆に思いっきり握って「ヒュン!」というまで振ってみてください。

 

ゆるく握った時より「ヒュン!」と音をだすスピードで振るのは

大変じゃありませんでしたですか?

 

多分、ゆるく握って振った時と同じスピードでは音がしないか、

音がしても小さな音だったと思います。

 

これが、クラブに余計なことをしないことであなたが受けられる

恩恵なんであり、クラブをゆるく握る理由なんです(^^)

 

これを「ヘッドが走る」なんて言います。

 

ヘッドを走らせてあげられれば、力任せに振った時よりも

よっぽどボールは飛んでくれます。

 

一度、ゆるく握って打てる感覚が体験できれば力いっぱい

握りしめて打つことがいかにムダなことかわかると思います!

 

具体的にどれくらい緩く握るのか?

では最後に、具体的にどれくらいでにぎれば良いのかを

ご紹介します。

 

レッスン書では「20%〜30%くらいの力で」などと書かれていると思いますが、

この20%〜30%と言うのは

 

「誰かにクラブを引っ張られたら手からクラブが引っこ抜けるくらいです。」

 

「そんなので振って大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、そもそも

ゴルフのグリップは「テーパー状」の形をしています。

 

テーパー状と言うのは「一方は太く、片方は細い」という形です。

下の画像を見れば分かりやすいと思いますが、クラブのヘッド側

よりもグリップのてっぺんの方が太くなっていますよね?

 

テーパー

 

だから、ゆるくても一定の力がかかっていればスッポ抜けることは

ありません。

 

もし不安であれば、左手の「中指」「薬指」「小指」

右手の「中指」と「薬指」にだけそっと力を入れて握り

ましょう。

 

この5本でささえれば大丈夫です。

ぜひ、試して見てください。

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ