ゴルフのグリップはストロンググリップで握れと言われる理由とは?

PR
  

現在主流になっているゴルフのグリップは「ストロンググリップ」

と言われるものです。またはフックグリップとも言われます。

 

ほとんどのレッスン書で「ストロンググリップ」が推奨されています。

 

グリップには基本3種類の握り方があります。

 

「ストロング」「スクエア」「ウィーク」です。

 

3種類あるのになぜ「フックグリップ」ばかりが

持ち上げられているのか考えたことがありますか?

 

これにもしっかりとした理由があります。

 

今回は「なぜフックグリップなのか」ということについて

お伝えしたいと思います(^^)

 

スポンサーリンク

今ストロングが良い理由はクラブが進化したから!

グリップの握り方は実は時代とともに変わってきました。

それは、クラブが進化して来たからです(^^)

 

以前のクラブはドライバーでもヘッドが小さく打つ時に

自分でクラブのフェースを「開いて閉じて」と意識して動かして打つ

「フェースローテーション」という難しい技術が必要な物でした。

 

ですが、今はクラブが進化してクラブの重心や、ヘッドの大きさ

などが変わり、「慣性モーメント」というちからが大きくなりました。

 

簡単に言うとスイング中にクラブのヘッドが動きにくくなったのです。

 

ドライバー パーシモンヘッド

 

だから、自分でクラブのフェースを開いたり閉じたりをコントロール

せずにクラブを振り上げて、振り上げた道筋と同じように戻してくれば

しっかり構えていたとおりにボールにあたってくれるということです。

 

手首を回転させたりしないで基本的には固定しておくイメージで打てるように

なり、余計なことをしなくて良くなったんです。

 

昔よりも簡単になったということですよね(^^)

 

スクエアグリップはクラブフェースを意図的にコントロール

するのには適していましたが、現在のクラブはフェースを

動かさないほうがいいわけです。

 

スクエアグリップはフェースが開きやすくなってしまうので

現在のクラブには最適とは言えなくなったのです。

 

そこで登場したのが「ストロンググリップ」です。

 

フックグリップ

 

ストロンググリップは手首をキープしやすいという特徴が

あり、さらにスイングの力を伝えやすいので飛距離アップに

もつながるグリップなんです(^^)

 

この部分はかなり専門的な部分なのであまり私も

詳しくお伝え出来ませんが、一言で言うと

 

「しっかりと手首を固定出来て、現在のクラブに最も適した

握り方がストロンググリップである」

ということです。

 

これが、いま「ストロンググリップ」が主流になっている理由です。

 

ストロンググリップの注意点は?

このストロンググリップの注意点としては

「少しだけフックに握る」ということです。

 

正面から見た時に左手のナックルが2、3個

見える程度に握るというところがポイントです。

 

ストロンググリップ

 

打っている間にフックの度合いが強くなって

しまうことがあるので注意しましょう!!

 

たびたび確認することを忘れずに!

 

また、ゴルフを初めてすぐの頃の私がそうだったのですが、

フックの度合いがキツければきつくなるほどボールは左に飛びます。

 

応急処置の記事でも書きましたが、

 

「右に飛ぶからフックグリップを強くして真っ直ぐ飛ぶように調整する」

(左手のナックルが4個、もしくは手の甲が全部見えてしまうくらいに握る)

ということはやってはいけませんのでご注意を(^^)

 

スイングに変なクセがついたりして大変なことになります。

 

ストロンググリップは力を入れやすいという特徴も

あるので、逆に強く握りすぎないようにも注意しましょう。

 

【関連記事】

ゴルフのスイングを応急処置されたら危険!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ