ゴルフ初心者はウッドの練習は後でいい!

PR
  

今回はウッド系のクラブ(ドライバーや3W 、5W)の練習についてです。

初心者の人にとってはドライバーやフェアウェイウッドは

はっきり言って難しいです(^_^;)

 

ドライバー

 

中には最初から何故かドライバーが上手く当たる人もいますが・・・

 

クラブが長い分身体とボールの距離が離れますし、

クラブの軌道(通り道)も大きくなります。

 

スイングの基礎が難しいうちは特に難しく感じるでしょう。

では、どのようにドライバーは練習すればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ドライバーを初日から握る必要は無し!

ドライバーの練習はまずはある程度アイアンでスイングの形

が身につくまでは練習しなくても構いません。

 

むしろ触らないほうがいいくらいです(^_^;)

 

気になって打ってみると実に難しいんですよね?

 

「あれ、ボールが上がらない」

「ますぐ飛ばない・・・」

「こうか?こうか?」

 

とつい夢中になってしまい変な打ち方が身についてしまう

危険性大です!

 

せめてスイングの基礎がなんとなくでも分かるまでは

封印しておきましょう。

 

ダメ

 

ドライバー上達のコツは打つ数を減らすこと?

ある程度スイングが身についてきたらドライバーに晴れて

挑戦です。

 

もちろん、スタンスやボールの位置はアイアンと違います。

7番アイアンのスタンス幅が肩幅の内側程度であれば、

ドライバーになると大きく振る分スタンスの幅も肩幅

いっぱいか、それよりも少し外側に広くなります。

 

ボールの位置が7番アイアンでちょうどスタンスの真ん中位より

ボール1個分位左側だとしたら、ドライバーは左足かかとの直線上

くらいまで変わります。

 

詳しくは参考にしている本などでしっかりチェックしましょう!

 

あとは、実践と検証の繰り返しをしながらスイングを作り上げていく

わけですがここでも注意点が2つあります。

 

注意点1 いきなりフルスイングで打たない。

アイアン、やサンドウエッジ同様まずはハーフスイングで

基礎の基礎を固めます。

 

ドライバーなりの振り幅やインパクトの感覚を養いましょう。

アイアンやウエッジと違ってクラブの軌道やボールの位置が

かなり違っていますので、しっかりとあわてずに!!

 

また、この時ムキにならなくてもきちんと当たれば結構

飛ぶんだなあと確認しておきましょう(^^)

 

きちんと飛んでくれないのは、あなたの力がないからでなくて、

クラブをきちんと振れていないだけだということを確認して

フルスイングして飛ばなくてもムキにならないようにキモに

命じておくんです!

 

ハーフスイングである程度きっちり「ポーン」と打てるようになったら

フルスイングの練習を取り入れていきましょう。

 

フルスイングと言っても石川遼選手のように目一杯振るのではなく、

振り幅としては10時から2時の間で十分です!

 

10時から2時

 

それぐらいの振り幅でもきちんと打てれば男性なら200ヤード

近くは飛んでくれます。

 

この際にも上手く打てなければ、何度も自分のスイングを

お手本とくらべたり、スローにスイングして身体の動きの

チェック、フォームのチェックをしましょうね(^^)

 

最初はだれだってまっすぐは飛んでくれません(^_^;)

 

私が初めて100を切った時もドライバーは全然自信がなく、

OBも打ちましたし、強烈?なゴロも打ちましたから(^_^;)

 

焦らずドライバーと付き合っていきましょう。

 

ゴルフボールとカゴ

 

注意点2 ドライバーの練習は20〜30球を目安に!

ドライバーの練習で一番いけないことは打ち過ぎることです。

打ち過ぎるということはだいたい上手く打ててなくて夢中に

なっているからです。

 

クラブとボール

 

夢中になるとスイングもバラバラになりますし変な力みも

でてしまって、ドライバーだけでなくアイアンも打てなく

なってしまいます(汗)

 

まさに「下手を固める」ようなものです。

 

きっちり練習で取り組むテーマをもって、球数を決めて

起きましょう。

 

物足りなければ素振りをして気持よく振れるように

イメージトレーニングをしたほうがよっぽど効果的です!

 

フェアウェイウッドの練習は?

ティショットでフェアウエイウッドを使う時はボールを

ティ・アップしてOKですが、フェアウエイウッドはパー5の

2打目などドライバーと違って直接地面の上のボールを

打つ機会が多いものです。

 

芝の上のボール

 

ましてや、ゴルフ場はフェアウエイと言ってもまっ平ら

ではありませんから、練習場でそこそこ打てるようになっても、

本番ではなかなかまともにあたってくれません(^_^;)

 

その分ドライバーよりも難しいと言えます。

 

ですから初心者のうちは、確率的にフェアウエイウッドを使う機会は

一番少ないと言ってもいいでしょう。

 

ですから、フェアウエイウッドの練習に時間を割くのは

得策ではありません!

 

FWは練習しない

 

フェアウエイウッドで確率の低い180ヤードを打つのであれば、

確実に7番アイアンで130〜140ヤード打つ方が簡単です。

 

1打に欲張って、2打、3打と打ってしまってはスコアは

いつまでたっても縮まりません(^_^;)

 

フェアウエイウッドは100を切れるかどうか位になった頃に

ようやく練習をはじめてもいいくらいです。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ