ゴルフ初心者が練習すべきクラブはウエッジ!スコアは短い距離が大切!

PR
  

ゴルフの初心者がゴルフ場でスコアを良くするためには

 

「グリーン周り」でいかにムダに打たないようにするか!

 

これが大切です。

 

アプローチウエッジやサンドウエッジが上手く打てないと

すぐそこにグリーンがあるのにあっちへいったりこっちへ

いったりと右往左往してしまいどんどん打数が増えて

しまうからです。

 

グリーンとウェッジ

 

短い距離の方が簡単じゃないの?

と思うかもしれませんがとんでもありません。

 

ですが、これは大きな間違い!

 

フルショットは気持よく振ればいいかもしれませんが、

距離まで細かく考えて打つとなると極端に難しくなります。

 

アマチュアなら100ヤード以上のショットなら距離は

「だいたい」でOKです。

 

しかし、100ヤード以内のアプローチとなると話は別

プロでもアマでも短い距離は正確性が求められます!

 

もちろん、プロほどシビアではありませんが

「だいたいここらへん」の狙い所がぐっと狭くなりますからね。

 

それを「スコーン!」とオバーしてしまうのが

ゴルフの難しいところですが、これは練習次第で

減らせます。

 

スポンサーリンク

ウエッジの練習!まずはアイアンと同じ。

ウエッジの練習と言ってもいきなり「何ヤード打つ」なんてことは

無理です。

 

まずはハーフスイングでクラブの感覚を掴みましょう。

 

ウエッジ

 

もし7番アイアンなどで自信が持てていればハーフスイングで

打ちながら何ヤード飛んでいるのか確認しましょう。

 

 

時計で言うと9時から3時位の振り幅ですね。

 

その次は10時から2時位の振り幅のフルショットです。

アイアンがある程度打てるのであれば意外ときっちり

打てるのではないでしょうか?

 

この時もどれくらい飛距離が出ているのか確認しておきましょう。

 

まずはこのハーフスイングとフルショットでウエッジでしっかり

打てるように練習しましょう!

 

7番アイアンあたりがしっかりと打てるようになっているので

あれば、練習の割合いを5:5位に最終的にはしましょう(^^)

それくらいウエッジは大切です。

 

ウエッジに慣れてきたら振り幅が小さい打ち方にも挑戦!

フルショットとハーフショットがしっかりできるという感覚

がついてきたら、振り幅を狭くしてみましょう。

 

8時から4時位の振り幅です。

 

時計

 

振り幅が小さいから簡単そうですが、これが意外と難しい(^_^;)

 

振り幅が小さいから打ち急いでしまって「カツン!」と当たって

いきよいよく転がってしまったり、逆に慎重になりすぎて全然

飛ばなかったりしてしまうと思います。

 

ハーフスイングの要領で振り幅が狭くても同じリズムで

きちんと打てるように根気よく練習しましょう。

 

20ヤードから30ヤードくらい「ポーン」と打てればOKです(^^)

 

この8時から4時位の振り幅でしっかり打てる確率があがれば

グリーン周りでムダに打つことがかなり減りますよ(^^)!!

 

ゴルフは地味な練習が実は劇的なスコアのアップをもたらしてくれたり

するものです!

 

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ