ゴルフを上達する為の目標の決め方は?

PR
  

ゴルフはもちろん、スポーツはただ単に練習を積み重ねていけば

うまくなるというものではありません。

別の記事でもゴルフを上達するには目標を持つことが大切

ということを書きました。

 

そこで今回はその「目標」の決め方について書きたいと思います。

 

数字

 

目標は数字で表そう!

仕事でも何でも、「できる人」というのは必ず具体的な

目標を持っています。

漠然とした目標ではなくて「具体的」で必ず期間や回数などの

数字がついてきます。

 

例えば、「100を切る」という目標を立てたとします。

100という具体的な数字がありますが、これだけでは足りません!

この「100を切る」という目標に対して

 

「時間」や「方法」、「数値」

 

をより具体的にきめて最終的な目標を達成する為に

スタート地点からゴールまでをつないでいかないと

いけません(^^)

 

階段を登っていく感じです。

 

スポンサーリンク

自分のレベルに応じた細かい目標を持とう!

スコアが分かりやすいのでまずはスコアで考えてみましょう。

まず100を切る前にはいくつかの壁があります。

 

壁

 

自分の実力がわからないという場合もあると思いますが参考程度に・・・

 

私が100を切った過程から考える目標は・・・

100切りへの道のりとして私の体験だと

 

120を切る→108を切る→100を切る

 

という段階がありました。

 

まず120というのは、ゴルフコース全18ホールを「トリプルボギー」以内で

回るということです。

 

ゴルフは18ホール全てパー(コースごとに定められた打数)で終了すると

72打になります。

 

トリプルボキーは+3打なので✕18ホールで+54打になります。

プラマイ0の72打に54打を足すと126になります。

 

超初心者には以外にこれが難しく・・・(^_^;)

トリプルボギーはスコア的には+3(スリーオーバー)ですが、

初心者のうちは+4とか+5ということがよくあります(笑)

 

さらには120を切るにはオールトリプルボギーでは達成できませんから

ダブルボギーのホール7つはも必要になります。

 

初心者には難易度はなかなかのものです(汗)

 

パー4で8打とか10打チョロチョロミスしてしまうとあっという間に

二桁に行くことも(汗)

+4以上は◯◯ボギーとか呼び名さえありません。

(ダブルパーという言い方はありますがいずれにせよ不名誉です・・・)

 

こんな状態では100を切ることなんかは到底無理!

 

まずは「ゴルフっぽくできる」ように「トリプルボギー」以内で回ることを

目標にしましょう!

 

カップとパター

 

そして次は、108です。

 

108は18ホールをダブルボギー(+2)以内で回ろうという目標です。

72+36=108ですね(^^)

たった一打ですけど18ホールの積み重ねで全然違ってきます。

 

そして最後の100はちょっと複雑ですが、基本はボギー(+1)打を

目標にして半分の9ホールだけはダブルボギーでも良しとする目標です。

 

72+9+18=99 というわけです。

 

100を切るという壁は最初の120を切るという壁と比べると

いかに難しいかわかると思います。

 

いきなり100を切ろうと目標を立ててもゴールまでのあまりの遠さに

嫌になってしまいます(^_^;)

 

だから、まずは120、次は108とクリアできそうな目標を立てて

いけば、だんだん無理ではなくなってくるのでやる気もでます!

 

ちょっとしたことですが、みんな「100!100!」とは言いますが

まずは120から初めて見ませんか?

 

もちろん120以上でもいいんです。

 

実は私、初めてコースデビューした時のスコアは

168でした(T_T)

 

その次が145・・・(^_^;)すこし上手くなりました。

 

そこからは、130、120と目標を決めて練習を頑張りました(笑)

 

100じゃなくても目標をクリアすると嬉しいものですよ!

一歩一歩進んでいきましょう(^^)

 

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ