ゴルフスイングはフィニッシュが綺麗じゃないと上手くなれない!

PR
  

ゴルフは「形」のスポーツです。

プロゴルファーのスイングはムダがなくてカッコ良いですよね(^^)

 

カッコ良いスイングというのは理にかなっている

という証拠なんですよ。

 

スポンサーリンク

プロゴルファーのスイングは似たり寄ったり?

プロゴルファーのスイングにはあまり大きな違いが

ないと思いませんか?

 

個性的なスイングをするようなプロゴルファーは

数が少ないと思います。

 

日本の女子プロゴルファーの横峯さくら選手なんかは

教科書的にはあり得ないようなオーバーなスイングを

しますが、あれは改造に改造を重ねて血のにじむような

練習をした結果手にいれたスイングです。

 

アマチュアの個性的なスイングとは次元が違います。

 

ゴルフの練習

 

多くのプロゴルファーが代わり映えのしないオーソドックスな

スイングが多いのは「それが一番良いから」に他なりません!

 

細かいところでは各選手違いますが基本は同じです。

 

それでは、初心者だけではなくアマチュアゴルファーが

きれいなスイングを手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

綺麗なスイングは綺麗なフィニッシュから!

綺麗なスイングをするには一番にフィニッシュが綺麗かを意識することです。

 

テークバックは?

トップは?

 

と思われるかもしれませんが、フィニッシュはゴルフスイングの全て

の結果です。

 

全ての動きが収まるところなのであまり小細工してフィニッシュを綺麗に

することは出来ません。

 

テークバックやトップを意識することは大切ですがそれが

バランスよくきちんとできていないと結果としてフィニッシュも

綺麗にはなりません。

 

素振りやシャドースイングであれば、自分の姿を見ながら意識的に

身体を動かせるので結構フィニッシュを決められますが、実際に

ボールを打つとそうは行かないはずです(^_^;)

 

あなたは打った後ヨロヨロしてしまったり、身体が伸び上がっていたり

してしまっていませんか?

 

そんなあなたは、まずはボールを飛ばすことよりも綺麗に振りきれる

ようになるように心がけましょう。

 

細かいところは後から治せますから(^^)

 

正直スイング自体が変だとどこから直せばいいのかわからないんです。

ボールが飛ばないからといって腕の使い方ばかりに気を取られたりすると

ヘンテコスイングが完成してしまいます。

 

若い、年配関係なくへんてこなスイングの人はいます。

まずは綺麗に振ることを心がけましょう!

 

綺麗に振れているかどうかはフィニッシュが綺麗にとれているかが

有効な判断材料です。

 

振った後静止して自分のフニッシュを徹底チェック!

一球打ち終わった後、自分の形を崩さないでそのまま静止して

自分の身体のバランスをチェックしてみてください。

 

チェックリスト

 

あなたのスイングはお手本の写真や動画のようにフィニッシュが

とれていますか?

 

最初はボールの行方をあまり気にせずに身体に綺麗な形を覚えこませましょう。

 

ある程度スイングが綺麗になっていれば本やDVDのスイングと自分の

スイングのどこが違っているのかが見つけやすくなります。

 

鏡をみて素振りやシャドースイングを本気でやったり、

デジカメやスマホで自分の実際にボールを打っている

スイングを動画でとってみて分析してプロに近づける

のです(^^)!

 

面倒臭かったり、ちょっと恥ずかしいかもしれませんけど、

そこまでやる人がいないからこそやるべきですよ!

 

最初はモノマネに徹しましょう!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ