ゴルフは体重移動しようとするから難しくなる。

PR
  

ゴルフの初心者に限らずスイングの悩みのとして多いのは

 

体重移動の仕方

 

についてではないでしょうか?

 

考える

 

自分ではやっているつもりでもボールに力が無かったり、

体重移動をしようとすればするほどちゃんと当たらないとか

飛ばないとか・・・(^_^;)

 

それは、体重移動を勘違いしている可能性がありますよ!

 

スポンサーリンク
 体重移動の勘違いとは?

体重移動はアドレスでは左右均等に、テークバックで右に乗せ、

ダウンスイングで左に乗せる。

こんなふうに理解していませんか?

 

ゴルファー

 

この理解の仕方は間違いではないのですが、このようにやろうと

すると動きがオーバーになってスイングの軸がブレブレになって

しまいます!

 

こちらの記事でも紹介しましたがゴルフは「捻転」がキモです。

体重が左右にブレるとふんばりが効かないのでひねってパワーを

貯めることができなくなります。

 

更には、軸がぶれてしまうことでクラブのフェースを元の位置に

戻してくることが難しくなります。

 

これでは、上手く打てなくて当然なんです(^_^;)

 

体重の移動範囲はとても狭い!

正しい体重移動はとても狭い範囲でイメージしないと出来ません。

その狭い範囲とはどこでしょうか?それは・・・

 

股関節と股関節の間での移動です。

 

ちょっとイメージしにくいでしょうか(^_^;)?

 

アドレスで左右の足に均等にしていた体重を、テークバックの時に

右側に乗せるのですが、この時足の裏に体重を乗せようとすると

身体が右に傾いたり、腰が右にずれたりしてしまいませんか?

 

右スエー トップ

 

これは、体重移動が大きすぎる証拠なんです。

体重移動で右に身体が動いては意味がありません。

 

体重移動は右の足のつけ根で支えるんです(^^)

 

イメージとしては右の太ももから腰にかけて位置を動かさないように

我慢しましょう。すると身体もテークバックでひねってきているので、

右側の足のつけ根に体重が乗っかる感じがすると思います。

これだけでOKです。

 

この時、右膝を伸ばしたりしないで右腰を後ろに少し引くと

無理なく身体がひねれます。

 

そして、ダウンスイング以降右足の股関節に乗った体重を左の股関節

に移動させます。

 

イメージとしては、右腰を元の位置に戻してそのまま左側に折りたたんでいく感じです。

 

この時、左の太ももから肩までを左に動かさないように我慢します。

 

これが、いわゆるになります。

 

壁ダメ   インパクト

 

インパクトの時点では左の股関節(足の付根)から左太ももの内側あたりで

我慢して体重を受け止める感じです。

 

体重は自分の又の内側でしか動かさないイメージで大丈夫なんです。

 

また、ポイントとしてインパクトの時点で左の膝を伸ばして突っ張って

しまうと簡単に左サイドで身体を支えられるので楽なのですが、左肩が

上がってしまいスライスになったりトップになったりしてしまいます。

 

左膝を伸ばすのはインパクトの後です。

ボールを打ち抜くまで左膝の角度を変えないように我慢しましょう。

 

連続写真や動画でも左膝を伸ばすタイミングまで触れているものは少ないので

是非試してみてください。

 

最後に

過度な体重移動はオーバースイングの元にもなります。

体重移動をし過ぎることはスイングのバランスを崩すだけで

かっこ悪くなるだけで何もいいことがありません。

 

【関連記事】

ゴルフのスイングは回転するから難しい。捻転すれば良い!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ