ゴルフのスイングは回転するから難しい。捻転すれば良い!

PR
  

ゴルフのスイングとは?聞かれたらどのように答えますか?

肩、腕、腰、腰などの動きをどのように説明するでしょうか?

おそらく多くの人はこのように答えるでしょう。

 

肩をまわす・・・

腰をまわす・・・

 

この「まわす」という意識はもしかしたらあなたのゴルフを
難しくしている原因かもしれませんよ(^_^;)

 

スポンサーリンク

ゴルフは「まわす」と難しい理由。

ゴルフの動きは回転させるのではなく「ひねる」ものです。

(もしくは「ねじる」でもいいです。)

 

回転はゴルフでは非常に不安定な動きです。

 

コマを想像してみてください。

コマは回っている時軸が左右に振れますよね?

 

コマ

 

回転が早い時は案外軸がしっかりしているものですが

回転がゆっくりになると軸がぶれ出します。

 

ゴルフのスイングはコマのようにぐるぐると回すものでは

ありませんし、何より人間の体のバランスを考えると上半身

を回そうとすることはとても不安定なのです。

 

ゴルフはクラブのフェースを構えた場所に真っ直ぐ振り戻して

こなければボールは真っ直ぐ飛びません。

 

肩や腰を大きく回すと必ず前後左右に大きく体重が移動し過ぎます。

 

一度ぶれた軸を一瞬で元に戻さないといけないのですから

繰り返し同じ場所にクラブの小さなフェースを戻すという動きを

するのは至難の業なんです(^_^;)

 

ゴルフはひねれば安定してくるし力も出る!

では「ひねる動き」について考えてみましょう。

ひねるという動きは軸(土台部分)は全く動かないものです。

 

ひねる動きを捻転(ねんてん)と言います。

 

長方形の消しゴムを想像してください。

幅が狭い方を上下にして、あなたが手で上下を持ちます。

そして下はしっかりと固定したまま消しゴムの上だけ

右にひねって手を離したらどうなりますか?

 

必ず元の場所に戻りますよね?

 

ゴルフもこの「ひねって戻る動き」を意識するべきなんです(^^)

 

消しゴム

 

アドレスしたら下半身を出来る限り安定させて、テークバックをします。

腰をひねり、肩もひねって左肩がアゴの下辺りにきたらそれがもうトップです。

ダウンスイングはひねった身体を戻し、腕を下ろすだけです。

 

下半身が我慢している分、土台が安定してスイングも力強くなります。

ひねった消しゴムが「バイ〜〜ン」と戻るイメージです(^^)

 

ポイントとしては膝の折れ具合を変えずに身体を上下させないことです(^^)

ボールを打つまでは左脚の股関節で体重を受け止めるイメージです。

 

そうすればオーバーな体重移動も減ってきれいなI字型のフィニッシュに

なって、スイングもハリのあるかっこいいものになります!

 

スイング    フィニッシュ影

 

本の連続写真や動画をそのイメージでもう一度見てみてください!

動画や本では伝えきれていない部分が見えてくるのではないでしょうか(^^)?

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ