ゴルフの練習には目標を決めることと基本の徹底が近道。

PR
  

ゴルフを始めたら当然うまくなりたいですよね!

 

ゴルフに限らず、何でも目標を決めないと結果が出ません。

 

ただ漠然と「うまくなりたい」という目標があっても

ただ練習場でクラブを何百回、何千回と振っても上手くは

なれません。

 

毎回の練習には目標を持って取り組みましょう!

 

 

目標を決めよう

最初は基本の練習がつまらないと思うかもしれませんが、

基本ができないと絶対に上手くなれませんからガマンも必要です。

 

地味な練習よりも、ドラーバーでかっ飛ばしたいと思うでしょう(^_^;)

ですが、それでは上手くなりません。

 

スポーツでも勉強でも仕事でも、具体的な目標を決めること

基本を繰り返し学んだり練習したりして土台を作ることが大切である

ということは同じです。

 

スポンサーリンク

目標は大きな目標を決めてそれに向けて小さな目標を積み重ねる。

例えば「1年で100を切る」という目標を立てたとします。

そしたら、何をしなければいけないのかを考えてみましょう。

 

一番最初にやることは「ドライバーで気持よくかっ飛ばす練習」

ではありませんよね(^^)

 

ゴルフは基本の型がとても大切です。

始めたばかりであれば正しいゴルフクラブの握り方を覚えなければ

いけません。正しく持つことが出来なければクラブを正しく振れません。

 

そしたら次は正しいアドレス(構え)を覚えるというふうに0から1つずつ

積み上げていきます。

 

階段

 

最初はどんな知識が必要で、ボールを打つまでにスイングでは身体が

どのような動きをしないといけないのかを勉強しないといけません。

 

ゴルフを始めたら、まずは初心者用のレッスン書やDVDでゴルフの基礎を勉強しましょう!

 

必ず最初のページから読んでいき、順に覚えていきましょう。

 

ボールを打つまでに覚えることがたくさんあることにびっくりするかも

しれませんけど、基本は飛ばすと後が大変なので焦らずしっかりですよ(^^)

 

基本の練習は繰り返し徹底的にやろう!

家でできることは毎日でも!

ゴルフの練習は家でできることもたくさんあります。

例えばグリップ。

 

ゴルフクラブのグリップの握り方ははじめは違和感があります。

野球のバットやテニスのラケットのように握りしめるものではありません。

 

右手の小指で左手の人差し指を覆うように握るオーバーラッピンググリップや、

右手と左手の小指を絡めるインターロッキンググリップのどちらかにする人が

圧倒的に多いと思いますが、結構違和感があります。

 

「これで本当に打てるのだろうか?」と思うくらいに(^_^;)

 

グリップの握り方なら家でも簡単にできます。

また、スタンスやアドレスなどの基本的な構えも家で練習する

事は効果的です。

 

本やDVDの構えと自分の構えを鏡やガラスの反射を使ってチェック

することはとても重要!

 

ゴルフは形が綺麗でないと上手く打てませんので毎日鏡の前で

自分のフォームが正しいか確認すると自然と身体が覚えてくれます。

 

ミラー

 

最初はまずは、教本の写真のマネがイメージをつかみやすくて

オススメです(^^)

 

練習場では「何を練習するのか」を決めよう。

ゴルフの練習といえば「打ちっ放し」ですね!

しかし、ここではボールをたくさん打つことを目的にしてはいけません!

 

量より質です。

 

毎回、一球一球打つごとに注意する点の確認をしたりしながら

しっかりと打っていきましょう。

 

打ちっ放し

 

「ボールをしっかり打つ」という目標も大切ですが、

「身体を起こさない」とか、「顔を上げない」などのスイングの

過程のフォームに課題を持って取り組みましょう。

 

先に「ボールの行方」という結果だけ求めてしまうと、起用な

手先で無理やりボールをうとうとしてしまい間違った打ち方が

身についてしまいます。

 

ゴルフのスイングは正しい過程のスイングが出来れば

結果はついてきます。焦らずに行きましょう!

 

ボールを打つことだけが練習ではありません!

目の前にボールがあるとついどんどん打ちたくなってしまいます。

ですが、そこはグッとこらえてください。

 

クラブとボール

 

ゆっくりとスイングの流れを素振りしてみてイメージを

頭のなかにしっかりできるようになったら打ちましょう。

 

練習は「プレイファスト」でなくていいのです。

 

一球打つ前に5回でも10回でもしっかり素振りをして、

じっくり打ちましょう!

 

ゴルフは数を多く打つことを競うのではなくて、

いかに1打でも少なく打たないようにするか

を競うスポーツです。

 

練習場でセカセカ打っていると、それがリズムとなってしまい

実際にコースに出た時に一球をしっかり打つことができなくなります(^_^;)

 

練習はやり直しをし放題ですが、本番ではやり直しがききません。

 

練習のうちから一球を大事にしましょう。

練習だって一球いくらでお金かかってますからね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ