ゴルフの教則本はまずは1冊を徹底的に!

PR
  

今回は、「ゴルフの教則本」について

書きたいと思います。

 

今は、本だけでなく教則DVDなどの動画もたくさんあって

ゴルフの知識や理論を取り入れることには困りません。

 

本屋さんにいけばスポーツのコーナーにいけば

そういった類の本はたくさんあります。

 

どこでも読めて、練習場にも持って行けたりするという

事もあってか、教則本は今でも新しいものが次々に出ています。

 

ゴルフを始めたばかりのあなたもすでに持っているかもしれませんね。

 

もしかしたら、何冊も持っている人もいるかもしれません。

 

ですが、まずは1冊を徹底的に勉強することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

教則本は1冊を徹底すべき理由

教則本はあなたのコーチ

大げさかもしれませんが、教則本はあなたのコーチです。

 

教える

 

まずは、コーチの言うことを素直に聞かないといけませんよね?

ましてや0からのスタートからなら、徹底的にそうするべきです。

 

ですが、少し練習をしたりすると必ずうまく行かなくなったりして

別の本に興味が湧いてきます。

 

「こっちのほうが良さそう」とか、「あっちのほうが自分にあっているんじゃないのか?」

と隣の芝生が青く見える状態になってきてしまいます(^_^;)

 

もしくはこっちの本で言っていることとあっちで言っていること

を組み合わせたら良くなるんじゃないかとかもかんがえるかもしれませんね。

 

ですが、ここで教則本を乗り換える時には罠が潜んでいます。

まだ、同じ人の本ならいいのですが、違う人の本の場合は特に厄介です。

 

なぜなら、同じテーマの解説であっても人によって説明の仕方や

表現、チェックポイントが違うんです。

 

するとどうなるか?

 

混乱しますよね?そして自分なりに解釈して行くと思います。

 

これが泥沼への入口となってしまいます(^_^;)

いろんな人にアレコレ違うことを言われたらわけがわからなく

なってしまいますよね?

 

初心者の人が自分なりの解釈でアレンジをしても

あまり良い結果は期待できません。

 

それがデメリットなんです。

 

だから、本は一冊を信じて徹底的に読み倒す必要があります。

 

そして、もし買いなおす場合は0からその本に書いてあることを

素直に実践することが大切です。

 

本を買う時は中身をしっかりと見てみよう!

途中で本を買えるくらいであれば、最初に買う時に

じっくりと選ぶ必要があります。

 
  • 説明が分かりやすいか
  • 写真の解説がしっかりしているか?
  • そもそも初心者向けの本なのか?
 

など、立ち読みなどで目を通してみて

これなら行けそうかな?と納得するまで

選ぶことが必要です。

 

読書

 

こっちより、あっちのほうが安いからというような

基準で選んだりしていてはいつまでたっても納得の

一冊にはたどり着けないかもしれません(^_^;)

 

教本はしばらくの間あなたのコーチとなります。

 

ぜひ、自分にあったコーチを見つけてください!

 

教則本を買い足す場合は?

①どうしても、今の本に書いてあることをやっても

上手くいかない、もしくは理解ができない。

 

この場合は、本との相性が悪かったの

かもしれません。もう一度自分にあう本を

探すこともやむを得ません。

 

②今の本に書いてあることはだいたい理解できて

ある程度上達したので、次のステップに進みたい時。

 

判断の基準はあなた次第ですが、最初の本を

「やりきった!」と思えたなら次の本を探してみましょう。

 

できれば、同じ著者のものがいいですね(^^)

今回は以上です。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ