ゴルフ練習場(打ちっぱなしの)使い方は?①

PR
  

「ゴルフを始めよう!」と決心してい道具を揃えたりすると

やっぱり「ボールを打ちたい!」と思うのは当然ですよね!

 

私は、道具を買う前にとりあえず練習場に言ってしまった

クチですけど(笑)

 

実際、ゴルフの練習場(打ちっ放しなどとも呼ばれます。)に

行くとクラブを借りることもできるので軽い気持ちで言ってみる

のもいいかもしれません。

 

とは言っても初めての時は緊張するものです。

 

未知の領域

 

ですからね。

 

打ちっ放し

 

「ゴルフは紳士のスポーツ」とも言われるし・・・

練習場も何か決まりがあるのでは・・・・

 

と、不安になる方もいるかもしれません。

 

今回は、そんなあなたに一般的なゴルフ練習場の

利用方法をご紹介します!

 

スポンサーリンク

ゴルフの練習場に行く服装

練習場には動きやすい服装であればOK!

ゴルフの練習場には、ゴルフ場(コース)のように

細かな服装の決まり(ドレスコード)はありません。

 

実際に言ってみると、時間によっては会社帰りのサラリーマン

もいますし、ジャージの人もいますし、人それぞれです。

別にジーパンで行っても構いません。

 

ですが、練習とあってもゴルフはスポーツ。

動きにくい格好はやめましょう。

 

例えば、ダボダボすぎる服装であったり、タイトすぎる

パンツを履いて行ったりすると身体に引っかかったりして

スムーズに動けません。

下手をするとケガにもつながります。

 

また、アクセサリー類も邪魔だったり危ないので

着用しないほうがいいですよ!

 

靴は滑りにくいものを

靴はサンダルなどでなければ、底の滑りにくいスニーカーや

運動靴などでも大丈夫です。

 

ゴルフシューズがあれば、それを履くがベストです。

 

シューズ

 

ちなみにゴルフシューズで練習する場合は、打席にイスが

ありますので底で履き替えることができます。

家から履いていく必要はありませんよ(^^)

 

女性もサンダルやヒールは絶対に止めましょう!

しっかりと踏ん張れませんし、何よりも危険です。

 

サンダル

 

男性も、会社帰りによるようなこともあるかもしれませんが、

革靴は滑りまくります(*_*)!!

 

必ず履き替えるシューズを用意しておかないと練習に

なりませんから気をつけてください!

 

ゴルフ練習場の利用方法

フロント編

ゴルフ練習場は入り口を入るとフロントがあります。

そこで、打席を選んだり利用方法(打ち放題や単球ごとの計算で打つかなど)

を選びます。打席を選ぶと打席の番号札を渡されたりしますので

その場合は帰りに返却するので無くさないように管理しましょう。

 

また、ゴルフの練習場はプリペイドカード方式が多いので、

カードの購入や残高のチャージを行ったりもします。

 

これに関しては、自動販売機ので行う場合と

フロントで行う場合があります。

 

初めての場合はフロントの係の人に聞いてみましょう。

私も、初めて行く練習場の場合はすぐに聞いてます(^^)

 

打席編①

さて、いよいよ打席にやってきます。

打席にはまずキャディーバッグを置くスペースがあるので

キャディーバッグがそこに起きます。

 

そして、1打席に1つイスと簡易的なテーブルが有りますので、

ポケットの中の邪魔なものを置いたり飲み物を置いたりできます。

 

打席

 

打席は一見狭く感じられるかもしれませんが、ゴルフをするには

十分なスペースが取られていますので心配しないでください。

 

普通に打席で打ったりしている分には、前後の人のクラブが当たって

ケガをしたりするようなことはありませんので大丈夫です(^^)!

 

それでは今回はここまでです。

次回は実際に打つところから説明します!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ