ゴルフクラブのそれぞれの違いや役割は?①

PR
  

今回はゴルフクラブの役割について説明します!

ゴルフクラブは14本までというルールを

前回の記事でご紹介しました。

 

そして、ゴルフクラブはただ14本なんとなく

あるのではなく、1本1本のクラブにはちゃんと

役割や機能があります。

 

ゴルフは状況によって14本のクラブを

使い分けて最も自分が有利にプレーを進める

スポーツです。

 

「なんか難しそう!!!」と思うことはないですよ(^O^)

 

ゴルフクラブの役割や機能は練習で自然と

体感し身につきます。

机に向かってガリガリ勉強するようなことは

必要ありませんから安心してください(^^)

 

それでは行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

ゴルフクラブの役割

ゴルフクラブの役割は簡単にいうと4つです

ゴルフクラブには
  • 「遠くへ飛ばすことが得意なクラブ」
  • 「ボールを狙った距離だけ飛ばすことが得意なクラブ」
  • 「ボールを目標に近づけることが得意なクラブ」
  • 「ボールを転がすことが得意なクラブ」
というように4つの役割があります。

 

それではこの4つの基準でクラブを紹介していきますね。

 

①ウッド=遠くへ飛ばすことが得意なクラブ。

ウッドは写真のような丸みを帯びて膨らんだ形を

しているクラブです。

 

FW3,7前 FW横

 

なぜウッドと言われているかというと、昔は文字通り

「パーシモン」という木で作られていたからです。

 

e348ddef1deedba18ddfce2afdcc54a4_s

 

 

現在は飛距離のアップや扱いやすさなどの観点から

金属製のものに進化しました。

 

ウッドの種類

ウッドに分類されるクラブは1番から基本的には9番まで

ラインナップがあります。

 

1W(ウッド)=ドライバー 

 

ドラーバー1 ドライバー2

 

主にティーショット(一打目に打つこと)で使います。

ゴルフのクラブの中で一番飛ぶクラブです(^O^)

1番ウッドと言う人よりドライバーと呼ぶ人がほとんどです。
「1番ウッド」と呼ぶ人に出会ったことがありません。

 

フェアウェイウッド(FW)

 

FW3,7前 FW横

 

フェアウェイウッドは以下のように呼び名がついています。

6番以降の呼び名はいまいちよくわかりません(^_^;)

2W=ブラッシー

3W=スプーン

4W=バフィー

5W=クリーク

6W〜11W=謎 (汗)

 

フェアウエイウッドに関しては名前で呼ぶ人もいれば

◯番ウッドと呼ぶ人もいて、人それぞれです。

 

私は3Wだけスプーンと呼びますが、後は5番ウッド、7番ウッド

と言います(^^)

 

ちなみに6番以降は奇数飛びになり7W、9W、11Wとなっています。

また2番ウッドは使う人がほとんどいませんし、4番もあまり目に

することはありません。

メーカによっては11Wはない場合も多いです。

 

フェアウエイウッドは実際には3番、5番、7番といった

感じで揃える人が多いです。

 

私も3W、5W、7Wの組み合わせです(^^)/

 

②アイアン=狙った距離を飛ばすことが得意なクラブ。

アイアンは、1番〜9番アイアンまでがあります。

 

アイアン前 アイアン横

1番、2番、3番と言うのを「番手(ばんて)」と言います。

 

アイアン番手

 

ご覧のとおり金属製です。

昔は文字通り鉄だったようですが、現在は様々な金属が

配合された合金でできているものがほとんどです。

 

数字が少ないほど遠くへ飛ばせて、数字が大きいほど

飛距離が短くなります。

 

一般には番手が1つ変わると飛距離が10ヤード変わると

言われています。

 

例えば

「7番で打つと140ヤード飛ぶが、8番だと130ヤードしか飛ばない」

といった感じです。

*ヤード:ゴルフで使われる距離の単位。1ヤード=約90cm

 

ただし、この飛距離の差は人やクラブ等によって様々なので

一概には何ヤードとは言えません。

 

また、きっちりボールを打てないと思っていたよりも

飛んでしまったり、逆に飛ばなかったりします。

 

まずはしっかりとボールを打てるようになることが大切です(^^)

 

距離の違いは自分で打ってどれだけ違うかを見極めることが

上達のポイントでもあります。

 

そしてアイアンは番手が小さくなるほど打つのが難しく

なります。

 

アイアンは現在では5番から9番までという人が多いです。

3番アイアンを使いこなせる人はかなりの「上級者」と思っても

いいくらいです!

 

まとめ

今回はウッドアイアンに関してご説明しました。

ひと言でゴルフクラブと言ってもそれぞれの飛距離

や違いがありますので頭と身体で覚えていきましょう!

 

次回は残りのクラブについてです!

 

それでは今回は以上です。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ